部材在庫管理・ピッキングシステム及び実装工程在庫管理・部材照合システム

ハンディーターミナル活用
部材ピッキング・実装機部材交換照合


近江電子工業株式会社 様

近江電子社屋 近江電子志賀工場

近江電子工業 株式会社は、電子制御装置、電装品の組立加工においてエレクトロニクス業界のオンリーワン企業を目指されています。
琵琶湖畔に立つ新工場は、21世紀の工場として自然環境・景観に特別の配慮し、世界に通用する品質・価格の製品づくりを追求し、グローバルな企業展開を図っています。


近江電子工業様で活躍している弊社のシステムです。ぜひご覧ください


導入前の問題点


近江電子工場1

ロケーションを含めた在庫管理が必要となった

ロケーションを含めた在庫管理が必要となった同社では、これまでベテラン社員によるマンパワーでその煩雑な作業をこなしていましたが、さらなるコストダウンとスピード化が時代の要請である限り、それに応えるべくシステムが必要となっていました。

 

 

 




近江電子工場2

部材の掛替ミスを撲滅したい

在庫管理による部材の把握と同時に、製造ラインに多種多様な部材を、間違いなく確実にスピーディーに供給することで、プリント基盤実装機への部材掛替ミスを減らせる、社内外におけるミスへの対処が大きく削減できるので、それにかかわる人件費や輸送費もなくなる事になります。

 

 



システム導入の目的


近江電子工場3

①製造ラインへの部材払出ミス防止


②プリント基盤実装機への部材掛替ミス撲滅


③在庫管理の精度UP


④作業効率を上げる

 

 

 

 

弊社の提案

 

システム導入に当たって、弊社が気をつけた点は次の通りです。

①倉庫内の整理・置き場所の混在を無くすこと及び 部品に貼るラベル表記も大きくすることから始めました。

②部材には読めるバーコードが貼っていなかったので簡単な操作でバーコードラベルを作成することも考慮しました。

③実装機への部材の掛替ミス防止では 各メーカーのバーコードでも読み替えできる機能を提供することで全ての部材にバーコードを張り直すといった作業を軽減しました。
又 端子の極性のチェックも行うことで極性相違の防止機能も付加しました。

④新しいハンディータミナルに早く慣れて頂きたく最終形の運用に即した形でプロトタイプで 1ケ月の試行期間を設けて使いながら操作に難点があるか確認しました。

⑤ハンディーターミナルの操作には複雑な操作をできる限り省きました。

導入効果/お客様の声


近江電子工場4

★在庫精度が向上してきました。 部材800点中400点(50%)棚卸し時期に調整していましたが、40点(10分の1)に減少してきました。もっと徹底することで精度もUPすると期待しています。


★実装機への部材の掛替えミスは 99%なくなりました。
同時に 熟練者以外でもこの業務をこなすことができるようになりました。

 

 

お問い合わせ 部品の誤投入、誤組に困ったらお問合せください


 見える化の第一歩は「目立たせること」です。R&Dには、「見える化」のシステム開発とともに「見せる」ノウハウや導入実績があります。工場の「見える化」はお任せください。