システム開発事業

弊社は物流・倉庫業を中心としたシステムの開発を手がけています。
システム開発の特徴は、システムを通しての「物流の見える化」を目指しています。
現場においても、事務所からも、モノの流れや在庫が一目で見える。
それによって、原材料の仕入れから生産、配送など全ての工程で無駄を省く事ができます。
在庫の削減、ジャストインタイムの生産・配送が可能となります。
いくら工場で優秀な生産管理システムを導入していても、在庫管理が不完全であれば、過剰在庫にをまねき、生産コストの削減効果が生かされません。また。在庫の稼働率が一目で分かる事で、生産・購買・販売の多岐にわたる戦略をサポートする事にもつながります。

 

システム開発イメージ

パッケージ開発

物流・倉庫業のスペシャリスト

弊社は、物流・倉庫業に特化したシステムのパッケージ化を行なっています。
これまでの膨大なシステム開発事例から、あらゆる業種・業態で共通のご要望、共通の問題点、共通の解決策などのノウハウを結集し、また、既存のシステムとも連携が図れるシステムとして、自信を持ってご提案させていただきます。
弊社のパッケージシステムは、様々なお客様のご要望に、的確にお応えするとともに、これまで積み上げてきた資産を有効に利用する事で、システムの早期の導入・運用が可能になり、さらなるコストダウンが可能となります。
    1.ビジュアルロケーション管理システム"たんと”
    2.備品管理クラウドシステム「庶務係長2」
    3.自動メール送信システム「するっと」

クラウド開発

一歩先の競争力

現在のシステム開発において、クラウドコンピューティングは非常に重要な存在です。

クラウドコンピューティングのメリットは、まず、パソコンが有ればどこでも対応可能な事。自前のサーバーなどの購入や管理に掛かるコストがかからない事。事故や天災におけるリスクを低めることが可能な事。場合によっては使った分しかコストがかからないとか、バージョンアップのイニシャルコストがかからないなど、変化に対して機動的に対応が可能です。
通信の急激な発達によって可能となってきたこの手法は、大企業中心に急速に発展しています。
その利便性や作業の迅速化において、クラウドシステムの導入が、他社に一歩リードするカギと言っても過言ではありません。弊社では早くからシステムのクラウド化を手がけ、既存システムとの連携も含めたハイブリッドな対応で、導入コストを抑えつつ業務改善によりさらなるコスト低減を図る事で、お客様の競争力向上のお手伝いをさせていただいています。

1.IBM PowerSystems(AS/400)クラウド提案
2.タブレット端末活用支援

基幹システム連携開発

システム連携で機動力アップ

新しいシステムが導入されたものの、基幹システムと連携していないので、データを一旦メディアに移して、別の部門で利用したり、最悪の場合、再度入力し直したり.。人手でなんとか処理をしている状態は企業にとって決して好ましいものではありません。

弊社では、お客様の環境に合わせたシステムの企画から、設計、構築、運用に至るまでトータルにサポート致します。
各企業が導入している最新のシステム、成功事例や安定したシステム運用に適したソリューションなどもお知らせいたします。
1.基幹システム連携開発
2.購買・在庫管理システムの導入事例