御社の在庫管理システムを、構内地図上で見える化




























AWS(Amazon Web service)クラウド提案

Amazon Web serviceとは

Amazon Web serviceとはインターネット経由でハードウェアや回線等いわいる『インフラ』を利用できるIaaS型のクラウドサービスです。 serverは『買う』時代から『借りる』時代になりつつあります。 また2003serverのサポート切れに伴い今後の対応を考えられている企業様も多いかと思います。 s erverの買い替え・新たに購入するにあたり61.9%の企業様がクラウド活用を優先的に検討されています。 初期費用・撤退費用が不要ですのでオンプレミスと違い、『とりあえずやってみよう』、『試してみよう』が可能です。 バックアップや復旧環境の単純化され、複雑さが軽減されるだけでなく、管理・保守がしやすくなります。 また冗長化が容易に出来るため、 DR対策(災害対策)やBCP(事業継続計画)にも適しています。
AWS活用事例 ~ キャンペーン中 個別体験会開催中~

CSV導入を全面的にサポートできます

Computerized System Validation(コンピュータ化システムバリデーション)

厚生労働省CSVガイドラインでは,医薬品等の品質確保のために,コンピュータ化システムバリデーション実施を要求しています。 CSVは、人間の生命に影響を与える医薬品や医療機器などの開発から製造において使用されるコンピュータ化システムが、正しく開発され導入され運用され ることを確実に確認して証拠を残しておくことで、薬や医療機器の品質および品質保証に問題が無いことを保証することで、法的にもとても重要な 要件となります。 当社では医薬品業界向けに、CSV(PIC/S GMPガイドライン annex11レベル準拠)のシステム導入と適正な運用のサポートを行っています。
CSV(PIC/S GMP annex11準拠)導入   CSV 導入事例

IBM PowerSystems(AS/400)クラウド提案

Power Systems(AS/400)での開発実績

IBM PowerSystems(AS/400)のシステムでは、クラウドに対応するさまざまなツールや実例、ノウハウが数多くそろっています。 弊社ではこれまでPower Systems(AS/400)向けに多くのソリューション開発を行なってきた実績があります。 Power Systems(AS/400)を基幹システムに利用されるお客様にとって、最適でスムーズかつ安全なクラウド化への移行をお約束いたしま す。
IBM PowerSystems(AS/400)クラウド提案

倉庫管理システム「たんと」

見える化で作業効率アップ

倉庫の「見える化」をキーワードに開発。倉庫を上から見た図面が作成できるため、管理がしっかり行なえます。 システムの導入後も、倉庫内の図面を自由に設計できます。 既存のシステムと連動する事も可能なので、現状のシステムを活かしたまま使用で来ます。
倉庫管理システム「たんと」

EDIソリューション

Electronic Data Interchange(電子データ交換)

企業それぞれが持っている、受発注や請求・支払いなどのデータの形式・通信の方法を共通にし、コンピュータ間でやりとりします。 R&Dは製 造業向けにサーバーやシステムを納入してきた経験から、数多くのEDI対応システムの納入を行なってきました。
EDIソリューション

CPS(カスタマープランニングセッション)

会社の目標・方針に自分の目標・方針を合わせる

管理部門と現場の合意の元で要件を 確定しますので、あるべき論ではなくできることが実施できます。 実現できることをシステム化する為、現場部門の達成感が生まれ、目的意識が変わり、次回システムをレベルアップする際に大きな効果を発揮します。
失敗しないシステム導入