EDI/流通BMSソリューション

EDIは、Electronic Data Interchange(電子データ交換)の略称です。企業がそれぞれ独自に持っている、受発注や請求・支払いなどのデータの形式・通信の方法を、各社のコンピュータ間でやりとりできるようにした統一規格です。

 また、流通BMS (流通ビジネスメッセージ標準=Business Message Standards)は、メーカー・卸・小売業者が統一して使っているEDIの仕様です。

 今日、EDI/流通BMSに対応することが、大手企業との取引の前提となることが多く、EDI/流通BMSへの対応は事業拡大に当たって比較的早い段階で必要となります。

シームレスな業務連携

企業の経営効率の向上に際して、企業内のシステム連携はもとより、取引先との効率的なデータ交換は、欠かせないものとなっています。弊社はインターネットによる企業間取引や企業内のアプリケーション統合などあらゆるビジネスをシームレスにつなぐEDI/流通BMSソリューションをご提供いたします。
インターネットを基盤とした流通BMSへの対応によって、大量データ流通に伴う通信時間やコストの悩みを解決。
専任運用担当者を擁さず、従来のWEB-EDIによる運用ミス等の排除も実現します。
業界標準のEDI/流通BMSへの対応で、得意先との信頼性もさらに向上。
データ基幹システムとの間でシームレスな業務連携運用を実現します。

 

EDI/流通BMSソリューション

流通BMS/EDIシステム導入のメリット

サービス内容

・コンサルティング(現状分析、要件定義)
・システム設計(実現方式、基本、詳細設計)
・EDI/流通BMSツール導入/アプリケーション開発
・各種テスト実施・支援(内部、外部、取引先接続テスト)
・データ移行
・システム運用支援

これまでの現場の問題点

取引先の仕様に合わせるが大変
取引先からの問合せにその都度対応しなければならない
相手先毎に必要な回線や設備の準備が大変
通信環境における大量データ交換に伴う時間がかかる。
手作業による人件費、運用要員の人件費がかかる。
様々なデータの情報共有しSCMをより効率化したいを図りたい。

EDI/流通BMSソリューションでできる事

「EDI/流通BMS」に対応することで、通信速度の短縮を実現します。
データ基幹システムとの間でシームレスな業務連携運用を実現します。

流通BMS/EDIシステム概念図