AWS導入のご相談はR&Dへ

AWSアマゾンウェブサービス

AWSでCSVしませんか
AWSにデータを載せてCSV(Computerized System Validation)できたら安心なのに・・・
もうすぐ始まります
       
AWSとは? AWS というのは、Amazon Web Services の略です。
ネット通販大手のアマ ゾンが提供している、Web サービスを通してアクセスできるよう整備されたサーバー及びWEBサービス群の総称を指しています。 ストレージサービス (S3)、メール送信サービス (SES)、仮想マシン (EC2) など、 非常に多機能です。
・データ量と利用時間を基にした、従量制料金体系です。「ちょっと試してみる」こともできます。
・もし、スーパーコンピュータを毎日1分だけ借たら?御社のビジネスプロセスは大きく発展しませんか?
夜間のバッチを昼間に一瞬で終わらせる「日中不須臾ソリューション」によるBPR実現します

クラウドの現状とAWS
国内クラウド市場
国内法人1,562社への調査から12年度におけるクラウドサービス市場全体は 5,102億円となった。
17年度までの年平均成長率は32.0%と急速な成長を続け、15年度には1兆2,558億円、17年度に2兆411億円に達すると予測される。 クラウドの成長図 クラウド検討企業 AWSよくある質問

クラウドファースト浸透

クラウドファーストとは?・・・情報システムを作るにあたって、クラウドの採用を優先して検討する方針のことです。
現在、69.1%の企業がクラウド活用を優先検討(クラウドファースト)しています。
※国内法人4,599社へのアンケート調査

選定ポイントはセキュリティへの対応力
導入目的は「既存システムの運用コスト を下げるため」(38.9%)
「システム 運用負担を軽減するため」とコストを意 識した回答が上位。
一方、クラウドサー ビス選定時に重視するのは「セキュリテ ィへの対応力の高さ」がTOP。

IaaS/PaaS市場ではamazonが圧倒的リーダー
awsの市場シェア
その大きさはIBM、Microsoft、Googleの3社の合計よりも大きく、そこへSalesforce.comの  Force.comを加えてもさらに上回るほどの規模。この1年で市場は47%の成長を見せているがAmazonは52%成長、市場全体の 28%を占めている。
AWS利用料金の考え方
awsのクラウドサービス
インスタンス利用料
取引先の仕様に合わせるが大変 時間単位でインスタンスタイプにより課金 約7~8割がこの料金

ストレージ容量にかかる費用
ストレージ(EBS)の容量により課金

データ通信料(AWSから外へ)
データ通信量により課金

他にも課金要素はあるが、ほとんどのケースはこれらの料金を算出すればおおよその額は算出可能です

最も予測しにくい「データ通信料」について(参考)
・社内業務サーバー
aws利用形態
 テキストデータがメイン:数GB~10GB程度
・Webサーバー
 ベンチャーのHPなど:~数GB程度
 中小企業のHPなど:30~40GB程度
 大企業のHPなど:100~300GB程度
 人気情報サイト(15万PV/日):200~400GB程度

月額固定で利用できるサービス
aws利用状況
・AWS利用料を月額固定+日本円でご請求
・AWSのフルマネージドサービス
 - サーバーの24時間365日監視
 - 自動バックアップ
 - AWSの設定代行
・トラブル時のリカバリーサポート
・レンタルサーバー感覚でAWSを手軽に利用可能
セキュリティは大丈夫?
awsセキュリティマップ
awsセキュリティ2

・認証取得
 SOC 1/SSAE 16/ISAE 3402(旧SAS70 Type2)
 ISO27001
 PCI DSS Level1 Service Provider
 FISMA Moderate
・サーバーセンターの場所を明かさない
・厳格な入退出管理
・強固なネットワーク・セキュリティ
・特許技術による仮想化の仕組み
日中不須臾ソリューション、スーパーコンピュータのパフォーマンスを御社にも
バッチは夜と思っていませんか?
 オンプレミスのサーバーを所有する企業は、社員がPCを使わない夜間にその日のデータ処理を行ないます。これまでは、それが「賢いサーバーの買い方」でしたしかし、AWSの時代では違います。

日中不須臾ソリューション
 これまでやっていたバッチは昼間にAWSが行います。AWSのほぼ無尽蔵ともいえるリソースを使って処理しますので「いつでもバッチ集計」ができます。長い夜が、昼間の一瞬になります。バッチのあり方が変われば、ビジネスプロセスが変わります。
 R&Dと新しい時代の仕事に仕方について、アイデアを出し合いませんか?
AWS事例紹介
年賀状受注サイト 様
aws事例1
‣ 特に11月~12月にかけて膨大なアクセス
‣ 170万枚以上の年賀状を扱う人気サイト
‣ 繁忙期にサイトを落とすことは許されない
‣ AWS移行前はレンタルサーバーで実現
‣ ピークに応じサーバーのスケールアップで実現
うどんチェーン店運営会社 様
aws事例2
‣ 東証一部上場の有名企業様
‣ 全国各地に700店舗以上を展開
‣ テレビ放映やニュース掲載時に突発的なアクセス
‣ 自社サーバーではメディア紹介時のアクセスに
  耐え切れないことからAWSに移行。
AWS導入のご相談はこちらへ
AWSクラウド導入のご相談承ります。
AWSは、コスト、セキュリティー、突発的な問題への対応等、アマゾンを支えてきた実績に裏打ちされたサーバーです。アール&ディはサー バー移行に関する技術的な対応、日本円による決済等、導入までの障壁を一つ一つ取り除いてまいります。是非一度ご相談ください。

R&Dの個人情報の取り扱い(個人情報保護方針)はこちら
R&Dへのお問い合わせは、個人情報の取り扱い(個人情報保護方針)にご同意頂いた上で、下記まで
株式会社アール&ディ
Tel:06-6539-0009
Fax:06-6539-6000
営業時間 平日 9:30~18:00 
(定休日 土日祝)
メール:info@k-rd.jp
郵送:550-0013 
大阪市西区新町1丁目8番1号 行成ビル10階
問い合わせフォームはこちらから

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Tel 06-6539-0009
営業時間 平日 9:00~18:00
(定休日 土日祝)

お問い合わせ

システムコンサルティング

○物流業務改善

○クラウド活用提案

○EDIソリューション

リテール事業

○御社のPC係になります

  • パソコンレスキュー隊「緊急PCヘルパー」

○御社の電話係になります

○HP制作、教室

  • ホームページ開発・運用・アドバイス・活性化・SEO支援・ECサイト構築支援
  • 基幹システム連携開発
  • 社内で改造!HP改造教室付きホームページ作成 10万円~

○再生トナーお届け
○サーバー・複合機・ルーターなどの販売

関連事業
リンク
  • ハーティスシステムアンドコンサルティング
  • ターン・アンド・フロンティア
  • ベル・データ