汎用ソフト連携システムで、製造・物流の現場と
在庫・会計のデータを連携させましょう

会計ソフトは何をお使いですか?

製造業物流業向け汎用ソフト


会計ソフトは何をお使いですか?

「弥生」は個人事業から中堅企業まで幅広く使われています。
しかし会社が大きくなると、会計ソフトを「 汎用パッケージソフト」に乗り換える企業が増えます。

・どちらも、 税金の申告に必要な機能を持っています
・どちらも、販売・給与など 連携ソフトがあります
・どちらも、連携システムの 追加開発が可能です

なぜ、汎用ソフトが選ばれるのでしょう?

最大の違いはコレ!

「一度につなげるパソコンの数」が違います

「なんだ、それだけ?」と思うかもしれませんが、複数の人が同時に作業すること、ネットワーク化することの効果は絶大です

製造物流業向け「見える化システム」開発の経験を活かし「せっかくのネットワーク」を更に活用することをご提案します

ハンディターミナルに関する問合せはコチラへ

入出庫の検品や在庫管理やネットショップ連携、棚卸データを現場で収集し汎用ソフトに送る
R&Dの製造・物流連携ソフト「たんと」です
現場での情報収集を迅速・正確にする ハンディターミナルとの連携も可能です

       
汎用ソフトを中心に、ハンディターミナル、取引先とのEDIを連携させた事例もあります
ハンディターミナル開発に関する問合せはコチラへ

「物流センターを4倍にする+人件費は増やさない」そのご注文に応えるために、汎用ソフトと連携するシステムを開発しお納めしました
  •  在庫情報は棚のレイアウト図付き管理システムで管理⇒ 新人でも最短経路でピッキングできるように
  •  現場はハンディターミナルを携行し、品物の入庫・出庫・移動をサーバーにアップ⇒情報の 入力モレ・ミス削減
  •  汎用基幹ソフトを通して会計システムと連携⇒ 入力を減らします
  •  EDIデータを基幹システムに取り込む⇒ 二重入力を廃止


結果:作業がこんなに単純になりました
  • 管理部門は =EDIと連携した入出庫の予定を現場に連絡します
  • 現場は   =ハンディターミナルで データを取りながら検品します
  • 経理部門は =社内から逐一上がってくる伝票の入力が大幅に減りました⇒全社で見ると 二重入力の大幅減
  • 経営者は  =会社の情報を、「製造の面」でも「会計の面」でも、以前より早く確認できるようになりました


ベテランがしていたピッキングや検品を、パートさんがするようになり「人件費を増やさない」を達成しました
現状把握やバッチ処理をもっと速くするご提案もあります

使えるシステムにしてから納入します
導入にあたり、シンプルなプロトタイプを作り、修正し、慣れてから本番をスタートします。
その後、現場で使いながら、カイゼン提案を元に、御社独自のシステムに育てます
汎用ソフトの手にハンディターミナルを!
システムを育てるのは現場です
製造、物流向け汎用ソフト導入はR&Dへ
       

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Tel 06-6539-0009
営業時間 平日 9:00~18:00
(定休日 土日祝)

お問い合わせ

システムコンサルティング

○物流業務改善

○クラウド活用提案

○EDIソリューション

リテール事業

○御社のPC係になります

  • パソコンレスキュー隊「緊急PCヘルパー」

○御社の電話係になります

○HP制作、教室

  • ホームページ開発・運用・アドバイス・活性化・SEO支援・ECサイト構築支援
  • 基幹システム連携開発
  • 社内で改造!HP改造教室付きホームページ作成 10万円~

○再生トナーお届け
○サーバー・複合機・ルーターなどの販売

関連事業
リンク
  • ハーティスシステムアンドコンサルティング
  • ターン・アンド・フロンティア
  • ベル・データ